スポンサードリンク

楽しみながら介護の援助のお手伝いサイトトップ > >> 認知症要介護高齢者脱水症状
【1,980円送料無料!】飲むゼリー お試しセット(8袋入)
【1,980円送料無料!】飲むゼリー お試しセット(8袋入)

認知症要介護高齢者の夏場の危険要因として脱水症状があります。

主な症状は 目が窪み、脇の下が乾燥、爪を5秒間押してピンク色に戻らない、
皮膚がカサカサ、
症状がひどくなると意識障害を起こします。

特に認知症要介護高齢者の場合、脳に「喉が渇いた、水が飲みたい」と言う指令が
届きにくい事が多く、“飲みたくない! 欲しくない!お腹がいっぱい!”
等と言って水分摂取を嫌がる場合が少なからず有ります。

拒否する認知症要介護高齢者に限って、食事時の汁物も嫌がる事が多い様です。
水分を摂って頂けないからと、いつまでもダラダラと飲んでいると次の食事に影響を来たし、食事量が少なくなる可能性も有ります。
ある程度のところで中止するなど、メリハリを付けて摂取して頂きましょう。

水分として摂取して頂けない場合は、製氷機の容器に紅茶や甘めのコーヒー等、ご本人が飲まれそうな物を作って、半分固まった状態で「飲む」のではなく「食べる」水分として提供されてみては如何でしょうか。

目先が変わってちょっと良いかも知れません。


スポンサードリンク

yayoidesu at 16:02│clip!

FX(外国為替証拠金取引)